山と楽人の旅

アクセスカウンタ

zoom RSS 古代岩座址<交野山&金剛山・千早本道>

<<   作成日時 : 2016/05/09 19:53   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


画像

記憶を辿ってやって来ました。倉治に来るのは随分と前でまだあの頃は第二京阪も開通していなかったんです。

画像
『夜泣き岩』
昔 源氏姫と梅千代という若者が住んでいて女山賊の手下が山に連れ去る途中で梅千代は亡くなる。源氏姫は山賊の頭の胸を刺して殺す。山賊の頭は息絶え絶えで自分が源氏姫と梅千代の実母だと伝える。それを聞いて源氏姫は実母を殺した罪を詫びて源氏の滝に身を投じた。この付近には夜になると泣き声がするという石が多い。
普通の岩に見えるけどそんな伝説があるんですね。現実的には怪談よりも夜は市街地が近いので犯罪に巻き込まれるほうが怖い場所です。

画像
『源氏の滝』
源氏姫の悲劇を伝える落差約18mの滝。水源は白旗池。古くから修験者が修行した場所だそうです。交野は巨岩・奇岩が多く存在していますね。

画像

マムシ注意の看板が目につきます。山道を進んで・・・

画像
『せせらぎの道』
沢沿いの道を歩きます。

画像
『せせらぎの道』
露岩の足場があったはずですが、こんな手すりが整備されたんですね。

画像

こんなアスファルト舗装路に出ます。車の通行できる道幅です。

画像
『オニヤンマの小道』
交野山に向かって進みます。山頂直下は短いですが、急な登りです。

画像
『観音岩』
交野山(標高341m)の象徴である巨岩・観音岩の鎮座する山頂に到着。岩上は登山者で賑わっています。人の多さに参って退散です。白旗池まで行ってみることにします。

画像
『白旗池』
交野山から5〜6分イタドリの小道を辿ってで源氏の滝の水源・白旗池に着きました。確かに道端には伸びきったイタドリがあります。

画像
『案内図』
白旗池の傍の「いきものふれあいセンター」の前には力作の案内図が。参考にさせていただきます。国見山に行ってみます。

画像

トンネルを抜けて・・・

画像

整備された山道はアップダウンが思ったよりもありません。

画像
『国見山』
標高284.5m 枚方八景の一つに数えられます。15世紀末に津田周防守正信が築いた津田城跡だそうです。16世紀津田氏が豊臣秀吉の攻撃に遭って破壊されたので城郭の遺構が現在はよく分からなくなっています。。
男性、女性グループが来られたので単独の私は国見山を退去して来た道を戻ります。

画像
『観音岩』
国見山から再び交野山へ今日2度目の登頂。グループの皆さんが下山した後のようで空いています。
観音岩はよく見ると古いハーケンが残っており、ロッククライミングに使われていたようですが、実際にロッククライマーを見たことはありません。

画像
『愛宕山』
京都の愛宕山が近く見えます。今年も火伏札をいただきに登拝したいと思います。

画像
『比叡山』
天台宗総本山・比叡山も見えています。

画像
『こもれびの道』
交野山の山頂からは「やすらぎの道」を経て「こもれびの道」で下山です。「こもれびの道」は倒木があったり少々荒れていましたが、せせらぎの道になんとか着地。源氏の滝の前を通って登山口の倉治に戻りました。


<5月8日 金剛山>
画像

まつまさ下駐車場を午前8時26分に出発。ルートは千早本道往復です。山頂9時02分で気温13度。下山終了10時でした。
連勤を終えて5月最初の金剛山・回数登山です。金剛山は4月よりも新緑が深まった印象です。本道四合目から向かいの尾根を見ると黄緑が鮮やかで眩しいです。
山頂まで41分とまずまずのタイムで到着。日曜日の晴天、広場は多くの登山者で賑わっています。
転法輪寺にお参りしてから千早本道を下りました。

<金剛山で出会った花>
画像
『金剛桜』
見頃は過ぎて一部花がまだ残っていました。

画像
『シャクナゲ』

画像
『オダマキ』

画像
『クリンソウ』

画像
『椿』

画像
『ニリンソウ』


<5月9日 金剛山>
画像
『国見城址広場』
夜勤明けの山のまこを職場まで迎えに行き金剛山へ。午前9時22分まつまさ下駐車場を出発。ルートは千早本道往復です。下山終了10時52分でした。

がしっかり降っていて少ない登山者の皆さん傘をさしています。気温はそれほど高くないですが、蒸し暑く感じます。九合目を上がったところでH会長様とお会いしました。10時のライブカメラは3名で登場されていました。
520回目の捺印をいただいて広場へ。広場は誰もいなくて静かな雰囲気です。本日も早めに下山しました。

次回はまだ歩いたことのないロングルートを目指したいと思います

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
古代岩座址<交野山&金剛山・千早本道> 山と楽人の旅/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる