山と楽人の旅

アクセスカウンタ

zoom RSS 情緒の道<金剛山・寺谷ルート〜ダイヤモンドトレール〜紀見峠&千早本道>

<<   作成日時 : 2017/03/19 23:18   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

画像


3月18日(土)大阪府チャレンジ登山大会の練習で金剛山よりダイヤモンドトレールを辿り紀見峠間を歩いてきました。

<3月18日 金剛山〜紀見峠>
午前6時00分ババ谷前駐車場を出発。ルートは登りが寺谷ルートで山頂6時59分。気温マイナス1度。
ダイヤモンドトレールを縦走して紀見峠で折り返し、千早峠から五條林道を下ってくる周回で13時24分ババ谷前駐車場に戻りました。行動時間約7時間30分足らずで約26km踏破する行程となりました。

画像

すでに彼岸入りしていて午前6時を過ぎるとヘッドライトがなくても歩くことができる明るさです。車道沿いに百ヶ辻に向かいます。肌寒くレインウエアを羽織って行きます。

画像
『百ヶ辻』
金剛山から紀見峠まで歩いて調整するのは毎年大会に向けて私たち の恒例となっています。どれだけ体力が落ちているのか試みる機会です。
いつもの千早本道ではなく念仏坂(伏見道)から寺谷に向かいます。

画像
『寺谷ルート』
千早本道ほどではありませんが、手すりも整備されていますね。

画像
『寺谷ルート』
下山者とはすれ違わず最後の水場に登山者がひとりおられるのみで早朝の寺谷は静かな雰囲気です。
さっきから調子が上がらないと思ったら花粉症が酷いです。

画像
『本日のかまくら』

画像

585回目に捺印をいただき広場へ。7時のライブカメラに間に合ったのでライブ集合に参加です。
転法輪寺、葛木神社にお参りしてから一の鳥居に向かいます。葛木神社への参道残雪による凍結箇所があり足の置き場に注意して進みます。

画像
『一の鳥居』
一の鳥居〜南海紀見峠駅間が大会における上級ゴールまでの行程(21km地点〜36km地点)となります。
7時19分紀見峠に向けて約12kmの行程を歩み始めます。
追記 今年は中級ゴールが一の鳥居からちはや園地に変更になるそうです。

画像
『ちはや園地』
大会時この広場で休憩。栄養補給することにしています。ダイトレは紀見峠付近までトイレがないのでちはや園地キャンプ場のトイレに立ち寄ります。7時39分伏見峠通過。

画像
『ダイヤモンドトレール』
本日もダイトレはダイヤモンドにも劣らない木漏れ日の輝きがあります。

画像
『久留野峠』
8時01分久留野峠を通過。私はこの直前峠までの下りの際不注意で左足首を挫き痛めます。大会でも身体を痛めないよう注意深く歩く。痛めても粘り強く行動を続けられるか試される局面は必ずあるはずです。幸い左足首の痛みは行動には支障がなく歩き続けます。

画像
『ダイヤモンドトレール』
久留野峠から中葛城山への急な丸太階段は大会後半でも厳しい区間です。

画像
『ダイヤモンドトレール』
8時08分 中葛城山(標高937m)に到着。レインウエアを脱ぎます。晴天が広がっていますが、今回この中葛城山にいる時が体感的には一番暖かく感じました。

画像
『千早峠』
高谷山を経て8時43分千早峠(標高784m)に到達。紀見峠で折り返したら今度は千早峠まで戻り五條林道からババ谷前駐車場に戻るつもりです。

画像
『神福山』
8時56分神福山(標高792m)、9時03分金剛トンネル(標高692m)ダイトレ案内板を通過。ようやく金剛山方面に向かう登山者とすれ違います。神福山のピークには立ち寄りませんでした。

画像
『大沢塞跡』
かつて設置されていた木製看板が倒れてしまい「大沢塞城屋敷跡」のテープ案内がありました。
樹林帯を先へと進みます。

画像
『行者杉』
9時13分行者杉(標高715.5m)に到着。持参のレモンケーキを食べて休憩です。
大会では最終チェックポイント地点でそれなりにスペースがありますね。大峰山脈は霞んでいてよく見えません。
10分ほど休憩して行動再開です。後方からトレイルランナーの人に追い抜かれます。凄い走力です。

画像
『杉尾峠』
9時36分杉尾峠に到達。案内板によると金剛山からココまで7.8km。紀見峠まで4.2kmだそうです。杉尾や石見川・鳥地獄の分岐となる地点ですが、そちらへは行ったことがありません。

画像

杉尾峠付近はショウジョウバカマの群落地がありますが、この時期はまだ葉が並んでいるのみです。大会の頃満開の花々を見るのを楽しみにしていますが、疲労で花を愛でる余裕はないと思います。

画像
『ダイヤモンドトレール』
広葉樹の樹林帯を進むとタンボ山はもうすぐです。結構泥濘がある区間ですが、今回路面は乾いていました。9時47分タンボ山(標高763m)通過。紀見峠まであと3.5kmです。

画像
『ダイヤモンドトレール』
十字峠への林道併走区間を過ぎて・・・

画像
『西ノ行者堂』
10時00分西ノ行者堂(標高733m)通過。

画像

鉄塔が見えました。高圧電線の下を通過します。このあたりも路面も乾いていました。

画像
『ダイヤモンドトレール』
10時06分天見分岐通過。南海天見駅がゴールだった時はココからブンタ谷を下ったのでした。紀見峠へ直進します。

画像
『ダイヤモンドトレール』
長い丸太階段を下ると林道に出ます。

画像

林道を進み10時26分山の神(標高450m)通過。10分ほど進んでようやく旧国道に出ました。

画像

旧国道脇のトイレに立ち寄ります。足踏み式水洗です。

画像
『紀見峠』
10時40分紀見峠(標高400m)に到着。金剛山・一の鳥居からココまで所要時間3時間21分でした。

紀見峠は河内国と紀伊国との国境。番所が置かれ高野街道の宿場として賑わった時期もあったようです。現在のJR和歌山線や南海高野線の開通で高野山参詣者が激減。紀見トンネルの開通で現在は時々車両が通る静かな峠といった佇まいです。
1車線ほどの道幅の旧高野街道を集落の方に上がってみます。「情緒の道 岡潔」の標柱を見つけました。
岡潔(1901〜1978)氏とは一体誰なのか?かつて紀見峠で過ごした世界的大数学者だそうです。世界の数学者が解けなかった難題三問を一人で解決、多変数解析関(函)数論??の研究者としての側面。ノーベル賞日本人受賞者・湯川秀樹氏や朝永振一郎氏の恩師という教育者としての側面。仏教を信仰し数学を情緒という点から論じる思想家としての側面。等々常人の域を超えた情熱の人がかつて住んだ峠の集落は、世俗からはやや距離を置き人が思索に耽(ふけ)るには適した場所であったのかも知れません。

5分ほど滞在後、紀見峠から折り返してダイヤモンドトレールを金剛山方面に戻ります。
紀見峠から南海紀見峠駅まで1.8km、岩湧山まで7kmと道標に表記があります。

画像
『山の神』
上空を旋回するヘリコプターの音が遠ざかっていきます。11時00分山の神まで戻ってきました。ベンチで休憩。持参のアップルパイを摂取です。上着を羽織りませんでしたが、じっとしていると汗冷えがしてきます。日中も意外と気温が上がってきません。

画像
『ダイヤモンドトレール』
休憩を済ませて再び歩きはじめます。丸太階段の登り返し。行動時間は5時間過ぎて疲労もありますが、登りでも一段一段粘りながら進みます。

画像
『大峰山脈』
12時20分行者杉まで一気に戻ってきました。微かに望む大峰山脈・弥山はまだ雪模様です。パンを摂取したり職場から電話がかかってきたり休憩中も慌ただしいです。

画像
『五條林道』
休憩を済ませてダイトレを戻り千早峠から五條林道を下ります。倒木があったり少々荒れていましたが、13時24分駐車場に戻りました。
今回の行程は平均時速3.5km。昨年2016年3月に紀見峠まで歩いた時よりも所要時間は30分ほど短縮していますが、疲労は今回の方が大きかったです。花粉症の影響か強く倦怠感に襲われました。
平均時速3.5kmだと大会36kmの距離を10時間あまりで踏破する計算となります。果たして計算通りにいくのか?想定外の誤算を生じるのか?大数学者でない私にはその解答は知る由もありません。

片付けを済ませて帰路羽曳野の「華の湯」に立ち寄りますが・・・なんと設備の故障でしばらく休業。7月リニューアルオープンとの案内が。。金剛山の下山後の定番コースとなっていた華の湯は泉質が気に入っていたので残念である意味誤算。行先を変更して大阪市の「鶴見緑地湯元 水春」に立ち寄ります。日帰り天然温泉施設「鶴寿の湯」はスポーツ帰りの人も多く賑わっています。ロングトレイル歩きの疲労を癒すことができました。


<3月19日 金剛山>

午前8時17分まつまさ下駐車場を出発。ルートは千早本道往復です。山頂9時01分で気温マイナス1度。下山終了9時49分でした。

画像
『国見城址広場』
昨夜は紀見峠まで歩いた疲労もありよく眠ることができました。花粉症の症状も軽いですが、足にはまだ筋肉痛が残っています。山頂まで44分で到着。9時のライブ集合には間に合いませんでした。

画像
『本日のかまくら』
今季これ以上大きくなることはないでしょうね?

画像
『千早本道』
千早本道を下山。本日も走って下山する母子。本日おじいちゃん不在でも元気な三世代ファミリー。本道を走って登ってくる週末のライブカメラに登場する女の子。私たちを「元気な夫婦」と声をかけてくださる元気な男性。「早くなったね。昔は息を切らしていたのに雲泥の差やね」と声を掛けて下さる女性。皆さん千早本道の常連さんです。私たちも何か打算があるわけではなく今度もまた金剛山に向かうのだと思います。

画像

まつまさの横の水車が見当たりません。いつも元気に回転しているのを楽しみにしているのですが・・・

画像
『天然温泉 虹の湯 大阪狭山店』
帰路「虹の湯 大阪狭山店」に立ち寄ります。2Fから滝を眺める意匠を凝らした展望露天風呂が特徴ですね。綿密に計算されている印象です。

大阪府チャレンジ登山大会に向けて次回も金剛山で鍛えたいと思います

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
華の湯が休業ですか!ビックリですし残念ですね。私も、あそこの泉質や露天風呂の雰囲気、浅い寝風呂が好きです。でも、どこに立ち寄ろうかという楽しみもありますよね。

虹の湯は、スタイリッシュな感じで良いですよね。

登山大会、頑張って下さいね。
温泉マンもっちー
2017/03/25 13:05
温泉マンもっちー様

華の湯は残念ですが、リニューアルが待たれます。個人的にはアンジュ通信の施設ニュースを読むのが楽しみでした。
下山後ユーバス高井田店にも立ち寄ったりどこに行くか現在探索中です。虹の湯大阪狭山店はプチリゾートな感じが気に入りました。大会は・・・金剛山までは何とか頑張りたいです!
山のまこまさ
2017/03/25 14:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
情緒の道<金剛山・寺谷ルート〜ダイヤモンドトレール〜紀見峠&千早本道> 山と楽人の旅/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる