山と楽人の旅

アクセスカウンタ

zoom RSS 冬春の境界<金剛山・県境尾根〜大和葛城山・ダイヤモンドトレール&千早本道>【後編】

<<   作成日時 : 2017/02/27 23:55   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
『大日岳』
山頂付近登山道はアイスバーンの箇所があり足の置き場を慎重に選びながら進みます。転倒してもまるで何事もなかったように直ぐに立ち上がり先に進みます。久々の大日岳ですが樹木に少し霧氷がみられました。

画像
『太尾塞跡』
太尾塞跡まで下りてきました。ガンドガコバ林道の方に進みます。

画像
『県境尾根』
林道を進んでいると県境尾根との分岐を見つけました。今まで通行したことのないルートですが、気になっていたので下ってみることにします。

画像

白、赤、黄、黒とテープが混在していますが、白テープを見失わないよう辿っていきます。

画像
『県境尾根』
急な斜面を樹木の幹に掴まったりストックで支えながら下るのでスピードが殺がれます。行動終了後に腕の筋肉痛がでたのはこの時の動作の影響でしょう。
県境尾根はガンドガコバ林道よりも距離的には短いはずですが、所要時間はあまり変わらなかった気がします。
傾斜がゆるやかな区間で呼吸を整えます。

画像

「県境下山 おすすめ」の方向に進んでみると自然林の林間となりココもそれなりの急斜面でした。

画像
『大和葛城山』
県境尾根を下ると林道に着地。沢の対岸に越口が樹林の隙間から見えました。越口上部にある林道分岐の石橋を渡ってダイトレにやっと合流。しばらく下ってこれから向かう大和葛城山を見上げます。

画像
『ダイヤモンドトレール』
ダイトレを進みますが、石段のところでレインウエアを脱ぎます。

画像
『ダイヤモンドトレール』
先に進むと登っているお元気な男性二人組と遭遇。先に行かせていただきますが、なんと翌日金剛山・千早本道でも偶然お会いすることになります。金剛山の常連さんでしょうか?

画像

ダイトレから奈良盆地の眺め。

画像
『大和葛城山 つつじ園』
5月上旬には緋色に染まるヤマツツジですが、この時期はまだ葉が芽吹き始めたところです。山頂に向かいますが、つつじ園から意外と400mもあったんですね。。

画像

白樺食堂の裏側にテラスがあるのを知りませんでしたが、立ち寄ってみます。ココからも大和盆地が眺められます。トイレに立ち寄ると暖房ヒーターが付いていました。水道は寒すぎる為か使用できませんでした。

画像
『大和葛城山』
山頂に着くと引率の先生と生徒たちがランチタイムを迎えているようです。天気は良いが、大和葛城山の山頂は風が吹き抜けてとても寒いです。

画像

それでも山頂は到着した登山者で賑わっています。山頂付近の土面は粘土質でぬかるんでいます。残雪か霜柱が気温上昇で融け出したのでしょう。

画像
『金剛山』
つつじ園の方に移動して持参のアップルパイを摂取です。隣で単独男性がカップヌードルを食べているのが温かくて美味しそうでした。金剛山を眺めながらのごちそうでしょう。

画像
『大峰山脈』
雪を纏った大峰山脈が見えています。午前中かかっていた雲がとれて高曇りになったようです。

画像
『ダイヤモンドトレール』
つつじ園から水越峠へダイヤモンドトレールを通行して下山。30分で下りたかったですが、36分掛かりました。
この区間は丸太階段の段差が大きく膝・腰部への衝撃が侮れません。

画像
『水越峠』
水越峠を経て13時31分駐車場に戻りました。約15kmの行程でした。青崩トイレ前まで移動。靴など洗って帰路につきました。

今回はチャレンジ登山大会 (初級ゴール14km地点)〜水越峠〜金剛山・一の鳥居(中級ゴール21km地点)を歩いたことになりますが、所要時間合計1時間54分でした。大会の想定タイムは大和葛城山・つつじ園から一の鳥居まで約2時間を目標に頑張りたいです。 


<2月26日 金剛山>

まつまさ下駐車場を午前8時18分に出発。ルートは千早本道往復です。山頂9時01分で気温マイナス2度。下山終了9時59分でした。

画像
『国見城址広場』
昨日の「コン・カツ(金剛葛城W登山)」の疲労で腕と脚の筋肉痛が残っています。いつも夫婦で登っておられるTさんとお会いしますが、本日はS子様がご一緒ではありません。他の常連さんも心配して声をかけていらっしゃいます。先に行かせていただきます。いつもの底抜けに明るいトーンの声で激励していただきます。

580回目の捺印をいただき広場へ。広場は薄氷が散在しており、滑らないよう気を付けます。

画像
『本日のかまくら』
かまくらはどんどん小型化している気がします。ここにも冬春の境界を感じます。

画像
『転法輪寺』
本日も境内はアイスバーンです。転法輪寺のお参りして下山しました。

下山時もTさんにお会いしました。S子様とご一緒でなくても心ではふたり一緒に登っている、再び一緒に登ることを諦めておられないようでした。Tさんのご年齢をお聴きして驚きましたが、気持ちがお若いです。死んでいる暇なんかない、お迎えが来ても今忙しいからと断わらないと!

常連の先達方に元気をいただいて私たちも気力が湧いてきたようです。2月最後の回数登山でしたが、3月も金剛山に通い続けたいと思います

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
今年もチャレンジ登山大会があるのですね!登って降りてまた登って、ハードなルートですね。私も、もっと鍛えてチャレンジしたいです。

今年は、月に一回は金剛山に行く目標を立てたので、2月は28日の半日休みを使って14時出勤までの間に、9時スタートで登ってきました。出勤前登山は、時間が気になりますが、山頂0℃で眺めが良かったです。

580回、素晴らしいですね。やはり、千早本道からの回数が一番多いのでしょうね。
温泉マンもっちー
2017/03/04 07:32
温泉マンもっちー様

チャレンジ登山大会は鍛えれば私たちが現実的にできる挑戦です。一年で最も長い距離を歩く登山になっています。今年も参加したいと思っています。
千早本道で連続する丸太階段の負荷はダイトレを歩くににも役立つ気がします。
2月も金剛山に行かれましたか。出勤前登山とは時間を有効に活用されていますね。山頂広場からの眺めは良いですが、春は黄砂やらで霞んで遠景はよく見えない日々もありますよ。
千早本道はよく整備されており他ルートよりも短時間で往復できるので利用することが多いです。
山のまこまさ
2017/03/05 19:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
冬春の境界<金剛山・県境尾根〜大和葛城山・ダイヤモンドトレール&千早本道>【後編】 山と楽人の旅/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる